証券会社が糸口

いつでも情報をチェックできる便利アプリ

最近、ノマドワーカーならぬノマドトレーダーが多くなってきました。
ノマドというのはもともと遊牧民という意味で、事務所など一所ではなく、外に出てカフェや公園などあらゆる場所で仕事をするワークスタイルのことです。
これと同じように、ノートパソコンやタブレット、スマートフォン一つでどこでもトレードをする人をノマドトレーダーというのです。

ノマドトレードができるようになった背景に、どこでもインターネットにつなげるようになったネット環境の変化があります。
イーモバイルやWiMAXなど、各キャリアがモバイルWifiサービスを展開していますね。
これに加えて公衆無線LANを併用すれば、都市圏ではネットができないところはほとんどありません。

また、スマートフォンでの高速通信もノマドトレードを後押ししています。
LTEの本格的な普及にはもう少し時間が掛かりそうですが、FXのトレード程度であれば3G回線でも問題ありません。
ノマドトレードに一番貢献しているのは、やはりスマホやタブレット用のアプリの整備でしょう。
今や、スマホやタブレット向けアプリを出していないFX業者はほとんどいません。
インターフェイスもあの狭い画面で最低限の情報表示エリアを確保しつつ、エントリーや決済もタップだけで快適にできます。

スマホやタブレットでのトレードはミスしそうで怖いという人は、レート表示に絞って使ってみてはどうでしょうか。
実際にパソコンに向かうのは仕事が終わってからゆっくりやるとして、朝・昼休みなど数回レートとチャートをチェックしておくことでその日の戦略が立てやすくなります。
その日何回も跳ね返されている抵抗線などを見つけたら、帰ってからライン反発トレードを仕掛けてみるのも面白いでしょう。
こういったチャートチェックソフトには、アラート機能が付いていることもあります。
これは、指定したレートになったらアラームを鳴らしたり、メールで伝えてくれる機能です。

パソコン版のチャートソフトにはほとんどついていますが、これを使うにはパソコンを付けっぱなしにしておかなくてはいけません。
スマホやタブレットだったらもっと気楽に使えますよね。
またDMM証券のつぶやきチャートもおすすめのFXトレードツールです。

Copyright(c) 2013 基礎の学び方 All Rights Reserved.