証券会社が糸口

FX取引にかかる費用

FXは小資金で始められる投資ですが、やはりそれなりの費用は必要になります。
まずは、証拠金がなければ話になりません。
最近では、4円程度から始められる業者もありますが、資産形成手段としてある程度の利益を求めるのであれば、やはり1000通貨以上の取引はしたいところ。
5万円程度はないと厳しいですね。

直接必要な費用はこれだけですが、FXではこのほかにも見えにくい手数料がとられます。
それがスプレッドです。
スプレッドというのは、外貨を売る価格と買う価格の差額です。
業者によってこの差はまちまちですが、1銭程度に設定されていることがほとんどです。
そのため、ドル円の場合、1000通貨の買いエントリーをした場合、10円ほどが利益から差し引かれ、損失にプラスされます。

最近では、このスプレッドを狭くしている業者が多いので、できる限りスプレッドの狭い業者を選ぶようにしましょう。
大きなロットで取引をする場合や、取引回数の多い手法を使う場合、スプレッドはバカになりませんからね。
最もいくらスプレッドが狭くても約定力が低く、不利な価格で約定することが多かったりサーバトラブルが頻発するようでは意味がありませんから、スプレッドだけにとらわれず総合的な判断で業者を選ぶことが大切になります。

また、国内ではほとんど見られないのですが、海外ではスプレッドとは別に1トレードごとに手数料を徴収する業者もあります。
たとえば、ペッパーストーンという業者ではスプレッドが狭いかわりに、1000通貨ごとに6円程度の手数料が別途とられます。
1日10回程度のトレードをする場合、1ヶ月で1200円程度が手数料として持って行かれてしまいます。
1トレードの利益があまりに小さい場合、マイナスになってしまう場合もありますから、スプレッドと合わせて注意しなくてはいけません。

最後に、これも直接の費用ではないのですが、年間で20万円以上の利益が出ると、そこに税金がかかってきます。
国内口座と海外口座では税率が違う上に、国内だと損失を翌年に持ち越せますが、海外口座だとこれができません。
そういった部分も含めて検討し、総合的なコストを下げることが長期的な視点での利益確保には大切です。

Copyright(c) 2013 基礎の学び方 All Rights Reserved.