証券会社が糸口

FXを始めるのに必要な物

FXを始めるにあたって必要なもの・・・ただ始めるだけであれば、最初の資金、入出金に使う銀行口座、FX口座を開く際必要な身分証明書だけです。
インターネット環境は必要ですが、今はスマートフォンにも十分すぎる機能を持ったアプリがあるので、パソコンがなくてもやろうと思えばやれます。
ただ、できることであればパソコンでのトレードをオススメします。
スマートフォンだとどうしても表示できる情報に限りがありますので、相場全体の様子を見るといったときに不便です。
手法によってはチャートを何枚も表示させることもありますから、その場合はどうしてもパソコンが必要になります。

これからパソコンを新調する人は、パソコン本体よりモニターにお金をかけましょう。
今のパソコンは安い物でも十分な処理速度を持っていますから、チャートソフトを動かすのにパワー不足を感じることはまずありません。
その分のお金をモニターにまわした方がよほどトレード効率は上がります。
余裕がある人は2枚以上のモニターを買って、マルチモニター(複数台のモニタで同時表示)環境を構築してみるのも良いでしょう。

システムによる自動売買もFXの大きな魅力です。
エコトレなどのように、向こうが用意した複数のシステムから、好みのものを選んで運用させる場合は特に追加するものがなくても資金だけあれば開始できます。
ただ、EAと呼ばれる売買ソフトの場合、メタトレーダーというソフトを24時間走らせ、インターネットに接続できるパソコンが必要になります。
そこでVPSと呼ばれる仮想パソコンサービスがありますので、それを使うと、月額2000円台でシステムトレード環境を構築できます。

VPSは、不要なパソコンなどがある人はそれで代用できます。
画面が10インチ以下のネットブックなどであれば数万円、中古だったら1万円前後ですから月々VPSのランニングコストを払うなら、買い切りにした方がお得になるかも知れません。
ただ、パソコンを24時間起動させておくのは大きな負担になり、ある日突然止まってしまうことや、熱を持ちすぎて家事になる可能性もあります。
また、停電への対策が取れないのでポジションを持ったままシステムが止まってしまうと復旧までに大きな損失を抱えてしまうことがあります。

物質的なところでFXを始めるのに必要なものはこんな所ですね。
あとは実際に勝てるトレード手法を確立し、それに忠実なトレードを継続できるメンタルをつくれば毎月安定した利益を得られるようになるまでの道のりも遠くはありません。

Copyright(c) 2013 基礎の学び方 All Rights Reserved.