証券会社が糸口

レバレッジの長所短所を知ろう

レバレッジをかけることで、少ない資金で大きな通過を動かせるようになり、利益が増えます。
小資金からの効率の良いトレードができること。
それがFXの一番大きな長所の1つです。

レバレッジが大きいということは、必要な証拠金が少ないということと同義です。
FX業者は含み損を含めた口座内の合計金額や証拠金額から、証拠金維持率を出します。
証拠金維持率は含み損をかかえればかかえるほど低下していき、一定まで低下すると、口座内資産を守る名目で矯正的に全ポジションが決済されます。
これがロスカットです。
レバレッジが大きいと、証拠金が小さくて済むため、ロスカット率も下がりにくくなります。
これもレバレッジの長所の一つですよね。

しかし世の中はどんなことでも光と影、表と裏。
レバレッジの長所はそのまま短所にもなります。
まず、レバレッジが高いからと大きなロットでエントリーしやすいことです。
トレーダーにとってこれは大変危険です。
一度でもハイレバレッジで大きな利益を出すと、何度負けても次こそは、とハイレバレッジ症候群になってしまう可能性があります。

それでも一定のルールに基づいて損切りを徹底していればよいのですが・・・。
レバレッジの高い口座だと、資金が相当減っても証拠金維持率が低下しないので、ロスカット(矯正決済)がなかなかきません。
そのため、つい「まだいける」「ここから行ける」という気持ちになってしまい、気がついたときには恐ろしい含み損をかけることになってしまいます。
レバレッジ25倍の国内口座であればちょっと資金が減ればすぐにロスカットアラート(警告)が出るので気をつけようという気持ちになるのですが、レバレッジ1000倍の海外口座だと残り口座残高数百円でようやくロスカットですので、危機意識が麻痺しがちになってしまうのです。

FXで一番難しいのは資金管理です。
初心者や勝てない人は、利益を出すことを難しいと思いますが、上級者や勝っている人はロスカットを早めることこそ難しいと考えます。
FXはレバレッジこそが魅力という人が多く、確かに一理あるのですが、それと同時により資金を飛ばしてしまう可能性も上がることを覚えておきましょう。

Copyright(c) 2013 基礎の学び方 All Rights Reserved.