証券会社が糸口

FXは少ない資金から始められる

FXは数ある投資の中でも、最も初期投資が少なくて済む投資の一つです。
国内口座だったら1000通貨で4000円程度から始めることが可能です。
ただ、4000円ではちょっと為替が逆行すれば、あっという間にロスカットで退場。
こんなプレッシャーが掛かる状況では、プロだってまともなトレードはできません。
やはり10万円程度、どんなに少なくても5万円程度は用意したいものです。
5万円・・・それでも安いですが、できればもう少し安い方が良いとは思いませんか?
そんな時は海外口座の利用をお勧めします。

日本では25倍までというレバレッジの上限規制がありますが、海外口座では最大で1000倍という超高レバレッジの口座を開くことができます。
これなら1ドル100円の時だったら100円あればトレードをすることができます。
さすがに100円では心許ないので、1000円から2000円程度で始めてみるのはどうでしょう。
これなら数日間おやつやタバコを我慢すれば捻出できますよね。

海外口座というのは、高いレバレッジでの口座開設ができる一方、サポートに不安があったり、入出金が複雑だったり、入出金時に手数料がかかったり、スプレッドが広かったり、とデメリットも多く存在します。
また、サーバ環境が弱かったり、本国のサーバまでの距離が長いため、エントリーや決済がコンマ数秒から数秒遅れてしまう可能性もあります。
そんな口座をメイン口座にするのはちょっと不安ですよね。
そこで、海外口座はサブ口座と割り切るのはどうでしょう。
あくまでも5万円貯めるまでの仮住まいとし、5万円貯まったら出金して国内口座での運用を始めるのです。

最初から海外口座を選択した人ならわからないでしょうが、やはり日本の口座のクオリティは海外口座では得られないものがあります。
ある程度勝負ができる種銭ができたら、メイン口座という2段構えが今回の提案です。

最近、国内口座でも1通貨から取引ができる業者が出てき始めました。
これなら極端な話4円あれば米ドルでのFXができます。
ただこの場合、ロット換算すると0.00001ロットですから為替が1円上がっても利益は1円です。
これでは種銭ができるのに、何年かかるか分かりません。
デモトレード代わりというのであれば話は別ですが、資産運用という面ではオススメできません。

Copyright(c) 2013 基礎の学び方 All Rights Reserved.