証券会社が糸口

プロに相談したい

どんな未知にもプロと呼ばれる人は必ずいます。
それはもちろんFXにも言えることです。
FXでも現在、様々なカリスマトレーダーが紙面やテレビなど、様々なメディアで顔を出し、出演料という名前の報酬を受け取ろうとしています。
こういう人が公開している成績を見ると、「さすがプロは違うな」と感心してしまいます。

ただ・・・残念なことにFX業界は玉石混淆。
表舞台に出ているカリスマトレーダーはほとんどが基本の基本をかじっただけの人であることがほとんどです。
そういった人が右も左もわからない初心者相手に、これまた適当な書籍等から丸写ししたことをさも自分が開発したように話しているのが現状なのです。

また、元金融関係という肩書きを持つ人もたくさんいますね。
仕事でFXをやっていたのだからさぞFXが上手いのだろうと思ってしまいます。
しかし金融関係もピンからキリまで。
人が運用したお金を集計して上司に提出するだけでも金融関係ですから、トレードが上手いかどうかは全くの別問題です。

考えてもみてください。
FXが上手いのだったら、どうしてメディアに入り浸っているのでしょうか。
1年で資産を100倍にした、などというのであればメディアに出ている時間にトレードをした方がよっぽど儲かります。
答えは1つ、本業がさっぱりなので副業で儲けているのです。

では、本気でプロに相談したい人はどうすれば良いのでしょうか。
本当にFXで利益を出せている人で、表舞台に出ている人は本当にわずかです。
残りはほとんど、毎日部屋にこもってスキルアップやトレードに励んでいます。

ではどうするか。
ほんの一握りの表舞台に出ている本物を探すしかありません。
結局のところ、その人が出しているFX教材などを購入して、自分で試してみるしか見極める方法はありません。
おそらく何度も騙されて教材代をドブに捨てることになるでしょう。
でも、それは必要経費です。
そこであきらめずに本当に勝てる手法、師匠と呼べる人を求め続けた人だけが勝てるトレーダーになれるのです。

ただいくつか本物を見極める目安はあります。
1つはちゃんと投資代行業や投資助言業の資格を取っている人。
これらの資格は500万円の供託金を国に納めた上で、厳しい審査を合格しなければとれませんから、それなりの信頼性はあります。

そしてもう一つは、その教材を実際に使った人の評価。
サクラや紹介手数料目当ての人がたくさんいるので、これまた本物を見極めるのは難しいですが、実際のトレード動画や画像を多く入れたボリュームのある紹介文を書いている人はある程度信頼できます。

Copyright(c) 2013 基礎の学び方 All Rights Reserved.