証券会社が糸口

資金はどれくらい必要なのか

FXに必要な資金は、レバレッジ・ロットの最低単位・初回最低入金額によって決まってきます。
日本国内の場合、個人口座の場合、25倍までに規制されていますので、1ドル100円だったと仮定した場合、1000通貨が最小ロットだと100円x1000通貨÷25倍=4000円が必要です。
ただ、ほとんどの口座は初回最小入金額が決まっているので、5万円程度は用意することがほとんどです。
もっともこれだと少しでも相場が逆行すればロスカットアラートが出ますし、逆行が数円進むだけでロスカットになってしまいます。

一方でデモ口座を用意していない代わりに、1通貨からトレードができる業者もあります。
この場合だと、100円x1通貨÷25倍=4円で取引ができることになります。
もっともこの場合だと、1円為替が動いても利益は1円ですから、旨味はほとんどありません。
あくまでもデモ口座の代わりと考えた方が良いでしょう。

海外口座の場合は、レバレッジが最大で1000倍といった超ハイレバレッジでの運用が可能ですから100円x1000通貨÷1000倍=100円からトレードが可能です。
100円でも1000通貨購入しているわけですから、1円為替が上がれば1000円の利益が出るので、資金は一気に10倍になります。
ただ、それと同時に大きなリスクを背負うことにもなります。
0.1円為替が逆行すればそれだけで100円の損失で即退場。
これではトレードになりません。

このように、その仕組み上、国内なら4000円程度、海外なら100円程度から始められるのがFXの良い所です。
ただ、本当に4000円や100円からFXをやる人はほとんどいません。
これは、トレード時のメンタルコントロールが大きな要因になっています。

0.1円逆行しただけで退場では、とてもまともな精神でトレードなどできるわけがありません。
では、逆に10万円入金して、0.1ロットで取引をするルールを作り、全体の2%含み損が出たら損切りにするというルールを設定したらどうでしょう。
2%ということは2000円です。
10000通貨で2000円ということは0.2円までは耐えられるということです。
スイングトレードならともかく、デイトレやスキャルピングだったら、かなり深い損切りを設定できると言うことです。

そして、1トレードの損失は最大でたったの2%。
残高が減ったらロットを落としたり、エントリーポイントを工夫して損切り額を下げ、資金内の損失額を常に一定にする。
これなら怖くないでしょう?
100連敗しても13000円以上の資金が残っているのですから。

これが資金管理というものです。

Copyright(c) 2013 基礎の学び方 All Rights Reserved.