証券会社が糸口

信用取引とは何か

FXは信用取引です。
信用取引だからこそ、個人でも大きな額の通貨を小資金で動かして、大きな利益を得ることができるわけです。
トレーダーは信用取引について知らなくても、特に問題はありません。
要はロットに応じていくら証拠金が必要なのかを把握し、全資金の中でリスク管理ができればトレードはできます。
ただ、信用取引について知っていると、なぜFXが小資金でできるのかが分かるようになります。
おおざっぱにでも知っておくと良いでしょう。

信用取引というのは、FXや株式のようにトレーダーが業者からお金を借りて行う取引のことです。
FXの場合、外貨の売買は口座に入れた資金から証拠金を出すことで成立します。
実際に外貨を買う場合は、1ドル100円だったら1000ドル買うのに10万円、1万ドル買うのに100万円、FXの基準単位で1ロット=10万通貨=10万ドルだったら1000万円必要になります。
しかし、FXの場合はそれぞれの業者が定めた(その国のお金に関する法律で定められた)額で取引ができます。
レバレッジ1000倍の口座で1000通貨=1000ドル分の取引をする場合、1ドル=100円の場合、100円を業者に預けます。
業者はこの100円を担保金に10万円を用意し、1000ドル買ってくれるのです。

決済が終わると、業者は預かっていた証拠金とその際に出た利益(損失)を口座に戻してくれます。
全世界で同じ事が行われていますので、毎日その瞬間・その瞬間に莫大なお金が行き来しているわけです。

FX業者はこのように私たちのお金を立て替えてくれるわけですが・・・どうやって利益を出しているのでしょう。
最近ではほとんどの業者が手数料無料です。
海外口座の場合だと、新規口座を作って取引をするとキャッシュバックしてくれるキャンペーンが頻繁に行われています。
どうやって回収できるのか、ますます不思議ですよね。

その秘密がスプレッドです。
FXだと、外貨を買う料金と売る料金が微妙に違っています。
そのため、売り・買いともに少しだけ実際のレートより不利な決済をすることになります。
エントリー時と決済時の差分、これがFX業者の取り分です。
業者の収入源である隠れた手数料、スプレッドです。

スプレッドは1銭から安ければ0.1銭程度。
私たちからすれば取るに足らない額ですが、市場参加者が増えればすごい額になります。
FXに関わる業務はサーバを用意すれば、ほとんどがパソコンでできてしまうので人件費や消耗品といったコストがカットされ、十分儲かるビジネスモデルなのです。

Copyright(c) 2013 基礎の学び方 All Rights Reserved.