証券会社が糸口

信用取引のメリット

FXも株も信用取引を採用しています。
このおかげで、トレーダーは手軽にかつスピーディに、少額から大きな利益を出すことができるのです。

信用取引というのは、トレーダーの信用に基づき、業者からお金を借りて(立て替えてもらって)外貨や株を購入する方法です。
FXの場合、証拠金という仕組みがあるため、国内口座なら数千円、海外口座なら数百円で取引ができます。
つまりその数百円、数千円を担保に数千通貨、数万通貨を売買しているのです。

株にも似たような仕組みがあります。
株の場合はもっとストレートに「信用取引」と呼んでいます。
100万円の資金しかない状態で300万円の株を買いたい・・・所定の条件を満たせばできるのです。
手持ちのお金以上の取引をできるという点ではFXの証拠金・レバレッジと同じですね。
ただ株の場合、FXのように実際の外貨購入額に対して数十~1000分の1の証拠金が提示されているわけではなく、足りないお金については証券会社から借りていることになります。
そのため、基本的には6ヶ月以内に精算をしなければいけません。
6ヶ月間加工してしまった株価がようやく回復の兆しを見せたところで精算という悲劇が起こる可能性もあるのです。

もっとも最近では松井証券のように、返済期限のない信用取引も用意されています。
ただ借りたお金には利息がかかります。
信用取引の場合でも、毎日払わなければいけない利息が発生します。
FXに比べるとあまりに分が悪いので、信用取引を使うのは一部のプロトレーダーくらいです。
そのため、入門書などでは信用取引のことが書かれていないこともあります。

もう一つ、信用取引のメリットは売り注文ができるようになることです。
FXの場合、相場が下がれば儲かる「売り」というエントリーがあります。
なぜ売りというのか、少しむずかしいので詳しく解説します。

外貨を買って、買った外貨の価値が上がったときに売ればその分の差額が利益になる、ここまではわかりますよね。
売り注文の場合は、最初に外貨をFX業者から借りて売ります。
そしてその外貨が安くなったときに買い戻すのです。
高く売った物を、安くなった状態で買い戻すことで利益にするわけですね。

この外貨部分を株に置き換えたのが、株式の「空売り」です。
ただこれもFXと違い、株の場合、空売りには6ヶ月という期限があります。
この期間を超えてしまうと例外を除くと損をしていても決済しなければいけません。
FXに比べて分が悪いため、株では売り注文はできないと認識している人も多いです。

Copyright(c) 2013 基礎の学び方 All Rights Reserved.