証券会社が糸口

FXを始めるには?

FXを始めること自体は簡単です。
銀行口座と身分証明書を準備して、証券会社などFXのサービスを提供している業者のホームページから申し込み、口座をつくるだけです。
口座の開設は無料で、早ければ1日ほどで取引を始める環境をつくることができます。

ただFXを始めることと、そこで勝てるようになることは全くの別物です。
円安の今がチャンス、といった言葉に触発されて、何の準備・知識もなくFXを始めた人は間違いなく駆逐されます。
勝てるFXを始めるためには、それなりの準備が必要です。
要するに、勝てる環境を作ると言うことですね。

まずは、勝てるロジック・手法を構築しなければ話になりません。
本やセミナーなどで教わった手法だから大丈夫、などと油断してはいけません。
その手法が本当に有効なのかはやってみなければわかりませんし、たとえ優位性があったとしてもその通りにできるかどうかはまた別の話です。

たとえば、相場が大きく動くときに有利な手法をメインに使うことを考えるとします。
しかし、その人が主に日中しか時間を取れない人だったらどうでしょうか。
一概にはいえないのですが、為替相場は日中はレンジ相場が多く、午後3時ニューヨーク市場がオープンするとそこからトレンド相場が多くなる傾向があります。
日中は一定幅の価格帯を行き来することが多く、動いたとしてもその値幅が小さいので、トレンド相場用の手法はうまく機能しない可能性があります。

また、あまりに複雑な手法だと、エントリーチャンスが極端に減ってしまったり、ロジック通りのトレードをすることが難しく、負けが込む可能性があります。
FXに限らないことですが、できる限りシンプルな手法の方が汎用性が高く、勝てる確率は高まります。

メンタル面の強化と具体的な資金管理の方法を学ぶのも大切です。
自分のシナリオと違う方向に動いたときにためらわずに損切りができるか、エントリールールとは違うけれど勝てそうという根拠に乏しい相場でエントリーしたい気持ちを抑えられるか。
確信できるまで実弾トレードは控えるべきです。

トレードの中でこそ身につくものがあるのは確かですが、練習の中でできないことが本番でできるわけがありません。
デモトレードか、やるとしても小資金で十分な準備期間をつくりましょう。
おすすめのFX会社はこちらを参考にしてください。

Copyright(c) 2013 基礎の学び方 All Rights Reserved.