証券会社が糸口

レバレッジとは何?

レバレッジというのは、本来「てこ」という意味を持っています。
小学校のときに勉強しましたよね。
支点・力点:・作用点がある場合、支点から力点までの距離と、支点から作用点までの距離で力点までの距離が短いほど、楽に作用点の上の荷物を動かせるという理論です。
支点から力点までの距離より、支点から作用点までの距離が2倍長いと力点に必要な力は通常の半分ということです。

FXにおけるレバレッジというのは、実際の通貨購入額よりはるかに安い金額で、海外通過を買えるということです。
10万ドルを普通に日本円で買えば1億円を超えますが、FXだったら25分の1に収まります。
これをレバレッジ25倍といいます。
日本の場合、レバレッジは金融法で25倍までに制限されていますが、海外に営業拠点を持つFX業者の場合、1000倍といった高いレバレッジで資金を運用することも可能です。

レバレッジには、もうひとつ別の意味があります。
レバレッジ25倍の口座に100万円を入れて1ドル100円のときにドルを買うとき、買えるのは25万ドルです。
FXでは業者により変わることもありますが、基本的に10万通貨を1ロットと数えます。
つまり、25万ドル分購入することを2.5ロットでエントリーする、といった言い方をします。
2.5ロットでエントリーした場合、0.01円為替が動くと2500円利益か損失が出ます。
ということは思惑と4円逆行すれば100万円の損失が出て退場になってしまいます。

では、100万円あるけれど0.01ロット、つまり1000通貨でエントリーした場合はどうなるでしょうか。
0.01円動くことで出る利益・損失は10円になります。
理論的には1ドルが100円から1円まで逆行しても9万9千円しか損失が出ないことになります。
これなら退場は絶対にありませんよね(ドルがFXで扱われなくなる可能性はありますが)。

このように、トレーダー自身がその判断でロットを調整することをレバレッジを調整するといいます。
ハイレバレッジでのエントリーは利益が大きくなる一方、損失も大きくなります。
損切り幅に合わせて何ロットでエントリーするか、つまりレバレッジの管理が資金を管理することに繋がるということです。

FX会社によってレバレッジが異なることもあります。

Copyright(c) 2013 基礎の学び方 All Rights Reserved.