証券会社が糸口

失敗しない賢い運用法

FXで利益を出す勝ち組トレーダーになる方法を一言であらわすと、「勝てる手法をよけいなアレンジはせず忠実に市場で再現すること。」です。
身もふたもない話ですが、それができないから多くのトレーダーが市場から退場し、ダメ投資家の烙印を押されるのです。
勝てる手法を忠実に再現するということについて、もう少し具体的な話をしましょう。
ここで大切になるのはエントリーと損切りです。

まずはエントリー。
まだ条件がそろっていないのに待ちきれずエントリーしたら、その瞬間に相場が逆行。
勝てないトレーダーがよくやる失敗です。
ひどい時にはまだ揃っていないどころか、条件と全く違うところでエントリーをしてしまうポジポジ病の人もいます。
常にポジションを持っていないと落ち着かないんですね。
こういう人は、含み損のポジションを持ってしまうことが多く、イライラしてしまうので冷静な判断などできるわけがありません。
人の話が耳に入らず、やればやるほど負ける泥沼にハマっていきます。

ラインブレークを待っているんだったら、ローソク足ではなく実体がラインを超えてから。
反発を待っているのなら、ボリンジャーバンドなどの抵抗線できちんと反発しているのを確認してからエントリー。
といったルールだった場合、本当にその通りにやっていますか?
どうせブレークする、まだボリンジャーバンドに触れていないけれどここでエントリ、といったことをやっていませんか?

条件に合わない場合は、そのまま見送ります。
結果的にエントリーしていれば利益が出たとしても、それはあくまでも結果論。
別に損をしたわけではないのですから、悔しがるのはお門違いです。

エントリー同様、損切りもルールを守れない作業のひとつです。
もう少し待てば反発する、と何の根拠もない理由で当初予定していた損切りを先延ばしにしてしまうのです。
シナリオの崩れたトレードが好転することはほとんどありません。
確かに損切りは嫌ですが、これを戸惑っては傷口はどんどん広がっていきます。
ネガティブな名前を付けられていますが、損切りはあなたの資産を守る楯です。
ためらわず切りましょう。

あまりに当たり前のことですが、ロジック・手法さえしっかりしていれば、これを守るだけでほぼ100%利益が出るようになります。
結局、賢い運用というのは複雑なことを苦労してやるのではなく、シンプルなことをシンプルにやりきることなのです。

Copyright(c) 2013 基礎の学び方 All Rights Reserved.